So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

濃茶付き花月 [お稽古]


五月が丘裏千家茶道教室 
西区民文化センター裏千家茶道教室


20190824
落合先生のご自宅にて
月一花月のお稽古でした。

お稽古していただいたのは
「平花月之式」と「濃茶付花月之式」

今回は
スピードをメインにお稽古しましたが
あれやこれやで
「平花月之式」、
15分は厳しかったです(^0^;)

無学和尚の偈頌
「互換機鋒看子細」
(ごかんのきほう、しさいにみよ)

お点前等に当たってなくとも

機敏に動けるよう
周りの動きを周知する。
 
の言葉が身にしみます。

何でも無いミスをおかしたり
ボッとしていたり
パーフェクトとは、ほど遠いお稽古内容でした(~_~;)

写真は
「濃茶付花月之式」になります。

控えの間で挨拶
折据を回して、役を決めます。
花が亭主
月が正客
そして、一二三と客になります。

1.jpg

正客から、「お先に」と
席入りしていきます。

2.jpg

客の席入りが終わると
亭主は迎付けの挨拶をします。
この後、連客は帛紗を付けて
「お先に」で四畳半に進みます。

3.jpg

連客が四畳半に座ると
亭主は折末を正客に運びます。

4.jpg

続いて
亭主は濃茶点前の準備をします。

5.jpg

付花月なので
亭主は仮座に入り
正客に「折据おまわしを」と挨拶します。

6.jpg

折据を回し
月が濃茶を点て
花が初花になります。

月が建水を持ち
点前座に進むべく
立つと同時に
月より下の席は繰り上げをします。

7.jpg 8.jpg

月は濃茶を点てます。

9.jpg

濃茶は全員で順服するので
月は濃茶を点てると
すぐに仮座に座り
総礼となります。

10.jpg

順服して
月が茶碗を置くと
正客は、茶碗の拝見を所望します。

月は茶碗を清め
正客に茶碗を運ぶと
仮座から点前座に戻ります。

11.jpg

月は点前座に戻ると
帛紗を腰に付けます。

月は茶碗を膝前に取り込み
総礼します。

月は茶碗に湯を入れ
こすすぎします。
(濃茶薄茶は先回し)

そして
茶碗を、少し奥に置いて
(初花が棗を下ろすため)
替札を持って仮座に進みます。

12.jpg

初花は替札を置くと
すぐに
棗を茶碗と膝の間に置き
帛紗捌きをして
棗を清めます。

13.jpg

二の花は
点前座に座って替札を置くと
すぐに
道具の置きかえをします。

14.jpg

仕舞い花は薄茶を点て
茶碗が返ってくると
総礼の後、連客は座代わりをします
(最初の席に戻る) 仕舞い花はお仕舞いにかかり
道具を清めて拝見に出します。

15.jpg

亭主は
水指に水を次ぎ
拝見が終わった道具を四客が返し
正客は折末を茶入の下座に返します。

16.jpg

亭主が道具正面に座り
総礼します。

17.jpg

亭主が立ち上がると同時に
連客は立ち上がり

18.jpg

八畳にさがります。

19.jpg

この後
亭主は送り礼をして
連客は帛紗を腰に付け
「お先に」で退席します。

ふぅ~。

スピードアップするには
全ての流れを全員が
会得しておかないといけませんね。(^_^;

スピードアップへの
道のりは長いですが(笑) ワイワイ仲良くお稽古! 「和」
の精神はバッチリです(*^o^*)v




















五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

沖縄のお菓子、橘餅(きっぱん) [お稽古]


五月が丘裏千家茶道教室 
西区民文化センター裏千家茶道教室


20190821
落合先生のご自宅にて
久々お茶のお稽古でした。

お稽古していただいたのは
「真之行台子」
なので
お点前の写真はありません(^0^;)

床の花は
美男葛(びなんかずら)
(またの名を実葛 (さねかずら)といいます。)

秋海棠(しゅうかいどう)

3.jpg

そして
秋海棠(しゅうかいどう)

熨斗蘭 (のしらん)

2.jpg

この日の
ご菓銘は「琥珀」
ご製は「多津瀬」さんです。

ちなみに
菓子器は琉球ガラスです♪♪

4.jpg

6.jpg

そして
こちらの左が
「橘餅」(きっぱん)
300年ほど前に中国の福州から沖縄に伝えられたお菓子とのことです。
ちょっと苦みを感じる
独特なお味でした。

右側は
「冬瓜漬」
こちらも300年ほど前に中国の福州から沖縄に伝えられたといわれているそうです。
びっくりするくらい甘いです!!
中東のシロップ漬けのお菓子に似た感じでした。

ともに
落合先生の沖縄土産です。
珍しいお菓子、ごちそう様でした♪

5.jpg

今年の夏も
暑い熱い日が続きましたが
ここ数日
朝晩涼しい日が続いています。
虫の音も秋らしくなってきました♡

このまま
涼しいと嬉しいのですが。。。。。。ね。。


五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

法磨之式 [お稽古]


五月が丘裏千家茶道教室 
西区民文化センター裏千家茶道教室


20190720
落合先生のご自宅にて
月一、七事式のお稽古でした。
お稽古していただいたのは
法磨之式です

法磨之式は
もとの七事式に加え十二代又玅斎が
一二三之式をもとに考案されました。

亭主は客に花を所望し
亭主が初炭手前をし
折据を回して花を決め
花が亭主の所望するお点前をし
花以外が、花のお点前を採点します。
(花花って、紛らわしいですね(^_^;)

ということで
最初、花入に花はありません。

2.jpg

今回は
棚の長緒茶入のお点前を採点します。
(2回目の稽古の写真なので、既に炭が入ってます。)

3.jpg

まずは
役を決めます。

5.jpg

客が席入りしたら
迎付けの一礼をします。

6.jpg

亭主は
花入正面に花台を置いたら
茶道口に戻り
連客に花の所望をします。

7.jpg

亭主の花所望を受けて
連客は話合い
花を入れる人を決めます。

8.jpg

花が入ると
亭主は、
「どうぞお水を」と挨拶し
これを受けて
水をつぎます。

9.jpg  10.jpg

亭主は
花台を水屋に持ち帰り
初炭手前をします。

13.jpg

初炭手前が終わると
亭主は
折据を正客に運び
「折据お回しを」と挨拶をします。

14.jpg

正客から次礼をして
札を引き、折据を回します。

花のみが名乗り
替札はとらず
札を折据に戻し

正客が
折据を縁外7目に留め置くと
亭主は
水屋に下がります。

その時
正客は折据を縁外下座に
正面を正して置きます。

亭主は
菓子器を正客正面に運び出し
折据を持ち帰ります。

16.jpg

亭主は
お点前の道具を運び出します。
そして
建水の右に
帛紗を草にさばいて置き
茶道口に下がります。

亭主は
茶道口で
花に長緒茶入のお点前を所望し
花はこれを受けます。

17.jpg

お点前をする花は
帛紗を腰につけて
建水を持って立ちます。

18.jpg

同時に
花より下座の客は、繰上がり
水屋の亭主は、四客の席に入ります。

19.jpg

花は
亭主から所望された
長緒茶入のお点前をします。

ちなみに
お菓子をいただくタイミングですが
花が柄杓を蓋置に引いて
主客総礼をした後
正客は
「お先に」で、お菓子をとり
菓子器を回します。

最後、四客(亭主)は
お菓子をとった後、
菓子器を正客に運びます。

正客は
菓子器を縁外上座に預かります。
そして
連客そろって、お菓子をいただきます。

この日の
ご菓銘は、「海原」(うなばら)
ご製は「多津瀬」さんです。

1.jpg

お点前には
拝見もあります。

23.jpg

花は
拝見ものを出し
柄杓・蓋置を棚に荘ると
建水を持って立ちます。

同時に
繰上がった客は、繰り下がり
亭主は茶道口に下がって座ります。

24.jpg

花は
建水・帛紗を置くと
自席に戻ります。

25.jpg

正客は
すぐに拝見ものを取りに出ます。
そして
花が自席に戻ると
次礼をし、拝見を始めます。

そして
四客が拝見ものを返します。

26.jpg

同時進行で
花が自席に座ると
亭主は
茶道口から立ち上がり
点前道具を持ち帰り
水指に水をつぎます。

そして
拝見ものを取りに出て
主客総礼となります。

27.jpg

亭主が拝見ものを持って
立ち上がると
正客は
上座に預かっていた菓子器を
正面正して
下座に置きます。

28.jpg

亭主は
茶道口で
長盆の正面を向こうにします。

長盆の上には
十種香札の札箱が四つ

空の折据が乗っています。

30.jpg

亭主は
長盆を正客に運び
菓子器を持ち帰ります。

31.jpg

亭主は
亭主の座に座ると
正客に
「お回しを」と挨拶し
正客は受けます。

花以外の連客と亭主で
十種香札を使って
花のお点前を採点します。

正客から次礼をして
箱札を膝前に置き
長盆を送ると
直ちに修証(採点)を行います。
そして
採点した札の上に
箱札を置きます。

32.jpg

亭主は
箱札をとると
折据を長盆中央に置き
正面を向こうにして
正客に運びます。

555.jpg  

正客以下
両手で折据を開き
修証(採点)した札を入れます。

亭主は
修証(採点)した札を折据に入れると
折据の中の札を盆に出し
点数の高い順に
右から並べ
長盆の正面を向こうにして

34.jpg

亭主は
長盆を正客に運びます。
亭主が正客前に座ると
花(修証(採点)される)は
踏込畳の敷合せ下座に向かいます。

35.jpg

正客から
順に次礼をして
修証(採点)した札を拝見し
札箱を札の下に
右から置いていきます。

36.jpg

亭主は
自分の札箱を長盆に入れると
正面を向こうにして
花の前に運びます。

37.jpg

花は修証(採点)された札を拝見し
長盆をおしいただき膝前に置き
総礼となります。
花は自席に戻ります。

38.jpg

亭主は
長盆を水屋に持ち帰り
踏込畳斜めに座り
送礼(主客総礼)します。

連客は正客から次礼をして
退席します。

39.jpg

そして
控えの間で互礼をして終了です。

40.jpg

この日は
法磨之式を3回して
最後に
平花月之式をして
お稽古終了となりました。

41.jpg

今回も
とても
楽しくて
賑やかな
お稽古でした♫(*^_^*)♪

追伸
なが~いブログにお付き合いいただき
ありがとうございます。
長すぎて
頭がぼーっとしております(笑)
間違いは、気づいたところから
直していけたらな。。。

思って降ります(^0^;)

五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

竹葉葉起清風♪ [お稽古]


五月が丘裏千家茶道教室 
西区民文化センター裏千家茶道教室


20190710
落合先生のご自宅にて
行之行台子のお稽古をしていただきました。

なので
お点前の写真はありません。

この日は
2人でお稽古していただいたのですが
思ったより
早くお稽古が終わり
2人とも
進歩したのかしら? と
自画自賛でした(笑)

今後は
手順というより
決められた所作の中での
美しさを意識してお稽古していきたいと思います。

さて
この日のご菓銘は
「ほおずき」
ご製は
「多津瀬」さんでした。

54.jpg

床の

52.jpg

茶花は
桔梗と朮 (おけら)

51.jpg

お軸は
竹葉葉起清風
竹葉葉清風を起こす
たけようよう せいふうをおこす

竹を絵で表わしてるんですね。。。。

残暑厳しき日に
修行の旅にでる友に送った詩が元になっているそうです。

「相(あい)送りて門に当たれば脩竹(しゅうちく)あり、君が為に葉葉清風を起こす。」
 (君たちが旅立つにあたって、門の竹林からも餞別代わりの清々(すがすが)しい風が吹き送られていますよ。)    

竹が風にそよぐ音が聞こえてきそうですね♪

53.jpg

今年の夏はどん夏になるのでしょうか?
どんなに暑くとも
心は涼やかにいきたいものです(^^)



五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三友之式 [お稽古]


五月が丘裏千家茶道教室 
西区民文化センター裏千家茶道教室

20190622
落合先生のご自宅にて
月一、花月のお稽古でした。

お稽古していただいたのは
三友之式です。

この日の
ご菓銘は「ぬなわの池」
ご製は「多津瀬」さんです。

1.jpg

え?
ぬなわ(沼縄・蓴)って何?
と思ったら
蓴菜(じゅんさい)の別名でした。

てっきり
葡萄かと思いました。。。。。(笑)

2.jpg

さて
三友之式は
花を入れ、香をたき、薄茶を四服点します。

花と香は8畳で
薄茶は4畳半で行い、菓子付花月となります。

3.jpg

**************************
え~
はじめに、
お稽古3回分の写真を使ってますので
登場人物等が違っていることを
先にお詫び申し上げます(_ _)
**************************

床には掛け物と
花入れが5人分用意されています。

4.jpg

客が席入りした後
亭主は花台を持って入り

10.jpg

迎付けの一礼をします。

11.jpg

亭主は床前に座り
花台を下座に置き

32.jpg 

亭主の座にはいり、正客に花を所望します。

13.jpg

そして
落合先生にご指導いただきながら
正客から順番に
花を入れていきます。

5.jpg

6.jpg

涼やかに 花が入りました♪
(これは2回目のお稽古の写真です)

8.jpg

亭主が花台を持って立つと
連客は、帛紗を腰につけます。

14.jpg

亭主は香盆を正客前に運びます。

15.jpg

亭主の座に戻り
「折据お回しを」と正客に挨拶します。

16.jpg

「月」の札をひいた人が香をたき
「花」の札をひいた人が初花になります。

17.jpg

今回
正客が「月」をひきました。

31.jpg

聞香のお稽古をする機会は
少ないので
落合先生の指導にも熱がはいります(^^)

18.jpg

聞香が終わると
亭主は香台を床に荘ります。

そして
亭主が立つと同時に
連客は4畳半にはいります。

亭主は
干菓子器を正客に運びます。

19.jpg

亭主はお道具を運び出し
仮座に入り
初花が点前座に向かうのですが
今回は
亭主が初花でした。

なので
繰り上げも無しです。

20.jpg

そこから
お薄四服点です。

21.jpg

仕舞花ですね。

22.jpg

仕舞花が
茶碗を取り込み、総礼
の後に座代わりします。

正客は
折据を干菓子器に乗せ、正面に起きます。

そして
亭主が水指に水をつぎ
立つと同時に
連客は8畳にさがります。

その時
正客は干菓子器を持ってさがります。

23.jpg

座ると正客は
干菓子器の正面を向にし
縁外に出しておきます。

亭主が干菓子器を取りに来て
主客総礼します。

24.jpg

亭主は干菓子器を水屋に置き
送り礼をします。

25.jpg 

連客は帛紗を腰につけて
正客から、次礼をして退席し
互礼をして、終了となります。

26.jpg

写真を取り損ない
かなり
端折ってしまいました(^_^;
写真を撮るのにも
集中力が必要です(笑)

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

そして、そして
おまけ?の楽しい雪月花之式です。

お干菓子は
「多津瀬」さんの
「かきつばた」です。確か(^_^;)???

雪月花は
「雪」がお茶を飲み
「月」が菓子を食べ
「花」がお点前をするのですが

私は
「月」が4回も当たってしまいました(笑)
実際いただいたのは2個ですが
美味しくいただきました(*^_^*)♪

27.jpg

これは
初花が、点前座に進み
亭主が、初花の席に向かうところです。

29.jpg

8人でのお稽古でしたので
ちょっと
窮屈になりました。

30.jpg

そして
8人だったので
なかなか終了出来ず(笑)
それはそれで
とっても楽しかったです。







五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一雨潤千山(いちうせんざんをうるおす) [お稽古]



五月が丘裏千家茶道教室 
区民文化センター裏千家茶道教室

20190612
落合先生のご自宅にて
お茶のお稽古でした。

お稽古していただいたのは
「盆点」
なので
今日もお稽古の写真はありません(^^ゞ

この日の
ご菓銘は「かきつばた」
季節ですね~♡
ご製は
「多津瀬」さんです。

1.jpg

床には
一雨潤千山
一雨、千山を潤す
(いちうせんざんをうるおす)

ひとしきりの雨があらゆる山を潤す。

緑深い山が目に浮かびます。

仏教的には
如来の教えや慈悲が
一雨が千山を潤すがごとく
世の中の隅々まで行き渡っている
という意味になるそうです。

一雨が全てを潤うす。
とは
一つの根本真理が万象に現れる。
に繋がるらしいです。

わかるような、わからないような。。。。。。
ですね。

2.jpg

ちなみに
こちらの花は
渡辺草(わたなべそう)

3.jpg

そして、こちらが
駒繋ぎ (こまつなぎ)

草紫陽花(くさあじさい)
です。

4.jpg

この日
いくつになっても
きっと
お茶のお稽古は
楽しいだろうな♡
あらためて
感じました♪



五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お香♪ [お稽古]



五月が丘裏千家茶道教室 
区民文化センター裏千家茶道教室

すいません。
私のミスで
記事を消してしましました(__;)

写真だでも
あげさせていただきます。

1.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

<17.jpgBr>

五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

唐物のお稽古だったので。。。 [お稽古]



五月が丘裏千家茶道教室 
区民文化センター裏千家茶道教室


投稿が遅れてしまいましたが
20190522
落合先生のご自宅にて
お茶のお稽古でした。

お稽古していただいたのは
「唐物」です。
なので
お稽古の写真はありません。

なので
茶花のご紹介をさせていただきます。

こちらは
梅花空木(ばいかうずき)
別名、「さつまうずき」ともよばれるそうですが
鹿児島県では分布が確認されていないそうです。

555.jpg  

こちらは
三つ葉下野草(三つ葉下野草)

山紫陽花

502.jpg

そして
六弁下野草(ろくべんしもつけそう)

夏椿(なつつばき)

505.jpg 

どれも
とても素敵ですね☆

枯らす天才の私ですが
いつの日か、茶花を育ててみたいものです^^;


五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

濃茶付花月之式 [お稽古]



五月が丘裏千家茶道教室 
区民文化センター裏千家茶道教室

20190518
落合先生のご自宅にて
月一花月のお稽古でした。

この日は
基本に返って
「濃茶付花月之式」です。

8.jpg

蓋置は蟹さんです♡

9.jpg

まずは
亭主がお点前の準備をして

12.jpg  

付きものなので
「折据、お回し」と挨拶します。

13.jpg

そして
「月」が濃茶を点てて
「花」が初花で薄茶を点てます。
今回、亭主が「月」を引いて
濃茶を点てました。

15.jpg

そして
「一の花」が棗を清めて
薄茶を点て

「二の花」が
茶入と棗を置換え
薄茶を点て

30.jpg

「三の花」が
薄茶を点て
仕舞に入り
拝見物を清めて出し

52.jpg

柄杓・蓋置・棗を荘ります。

53.jpg

そして
亭主は
建水・茶碗を水屋に引き
水次を持ち出し、水指に水を注ぎます。

その間に
客は拝見を済まし
末客が拝見ものを返し
正客が折据を拝見ものの下座に返します。

亭主はそれを取りに出て総礼し、
亭主が拝見ものを持って立つと
連客は同時に立ち
八畳に下がります。

そして
亭主は送礼に出て総礼となり
連客は帛紗を懐中し
「お先に」「お先に」で退席します。

17.jpg

ざっと
説明させていただきましたが
この日の
私的ポイントとしては

濃茶濃茶は先回し

濃茶を点てた「月」は
小すすぎして、茶碗を少し向こうにつき

替札を持って帰る。

その後
薄茶を点てる「初花」は、札を棚に置き
棗を清めて、火窓前に置き

「初花」は茶碗を前に引き、
湯を入れ捨て、茶巾で清める。
 

あたりでしょうか。

「月」がこすすぎして
「初花」が湯入れサッとを捨てる。

これだけは
頭に入れておかねばと思いました!!

そして
この後 「雪月花之式」のお稽古もしていただきました☆☆☆

21.jpg

なかなか
上がりが出ず

22.jpg

それはそれで
ワイワイ楽しいお稽古となりました(笑)

23.jpg

この日のお花は
大山蓮華(おおやまれんげ)

1.jpg

姫檜扇 (ひめひおうぎ).

小葉の髄菜(こばのずいな).
です。

5.jpg

迷い、立ち止まりながらも
花月之式が、楽しくなってきました。

落合先生と
社中の方々に感謝感謝です♡



五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ご菓銘は「常世花」(とこよのはな) [お稽古]



五月が丘裏千家茶道教室 
区民文化センター裏千家茶道教室

20190515
落合先生のご自宅にて
お茶のお稽古でした。
令和初のお稽古です♪

お稽古していただいたのは
茶通箱です。
3月に
「茶通箱付花月之式」のお稽古をしていただいた時
自分の中に不完全燃焼のようなものを感じ(笑)
「茶通箱」としてお稽古していただきました。
おかげさまで
少し
スッキリしたような気がします☆

1.jpg

本日の
ご菓銘は
「常世花」(とこよのはな)
ご製は
「多津瀬」さんです。
柑橘系のさわやかな
お味でした♪

2.jpg

常世花とは、橘の花の異称ですが
なぜ
橘の花を常世花というのか
調べてみました。

『古事記』・『日本書紀』によると

垂仁天皇が
田道間守(たじまもり)に
常世国(とこよのくに)に渡って
不老長寿の秘薬である
非時香果
(時じく(絶えず)の香の木の実)
(ときじくのかくのこのみ)
を持ち帰れと命じました。

田道間守は常世国に渡り
10年の年月をかけ
非時香果を持ち帰りました。

そのとき既に垂仁天皇は崩御していました。

田道間守は半分の苗を皇后に献上し、
残り半分の苗を天皇の墓の入口に供え
嘆き悲しんで御陵の前で追死したそうです。

この非時香果の花こそが橘の花であり
常世国から持ち帰ったので
常世花と呼ばれるようになったらしいです。

ちなみに
常世国とは
外国を意味するそうです。
私は黄泉の国かと思いましたが(笑)

もう一つ
常世国とは
古代日本で信仰されており
海の彼方にあるとされる異世界であり
永久不変や不老不死、若返りなど
一種の理想郷を意味してたみたいです。

なんか
うつつから遠ざかってきましたね(笑)

ちなみに
万葉集の中で大伴家持(おおとものやかもち)が
「橘は 花にも実にも 見つれども いや時じく(絶えず)に なほし見が欲し」
(橘は、花が咲く時も実がなる時も見ていますが、もっと絶えず見ていたいものです。)
とうたっています。

ちなみに
ちなみに
大伴家持は、大伴旅人の子になります。

大伴旅人とは
例の令和の方ですよね♪

もしかして
「多津瀬」さん、
その辺も考えらたのでしょうか?♪♪♪

万葉のロマンを感じます♡


上記の内容は
諸説の中から私の好みでセレクトしたものです。
その点、ご了承くださいませ。



床には
「和敬静寂」

3.jpg

お花は
紫蘭(しらん)

小葉の髄菜 (こばのずいな)
です。

4.jpg

今日も
楽しい美味しいお稽古でした♪
ありがとうございました。


五月が丘裏千家茶道教室
 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号
 落合聿次(宗宇)自宅 
 水曜日  10:00~20:30 月3回稽古
 土曜日  10:00~17:00 月3回稽古


西区民文化センター裏千家茶道教室
 広島市西区横河新町6-1
 西区民文化センター 3階和室
 木曜日  15:00~20:30 月3回稽古


《月 謝》  
  月  額 : 6,500円
       (月2回稽古、月1回稽古)と指導者コース・初心者コースは別途相談
  水屋料 : 1,500円

《講師紹介》
落合先生2.jpg落合 宗宇 (茶道裏千家名誉師範)
うお座 O型
お茶は好きですが作法がどうも、と良く聞きますが習い始めると楽しいものです。
初心者の方、男女を問わず歓迎します。茶道の基礎からお茶席やお茶事の体験もできる講座です。
茶道指導者(七事式)コースもあります。お気軽にご相談ください。



《申し込み・お問い合わせ先》
 落合聿次(宗宇) 
  Tel.090-4579-5199 携帯
  Tel.082-941-1810 自宅
 〒731-5101 広島市佐伯区五月が丘1丁目20番28号 
 E-mail: ochiai52@ms1.megaegg.ne.jp


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -